離婚

唸る強制執行!養育費を払わない元パートナーに物申す!

随分と前の記事になりますが、『平成28年度全国ひとり親世帯の養育費の実況(その2)』において、母子世帯で養育費を受け取っているかどうかの調査がおこなわれています。

アンケート結果には、現在も受け取っている人は24.3%しかおらず、全体の3/4もの母子家庭で養育費を受けていないことが判明しております。。

続きを読む

養育費の未払いから救済する法整備

離婚に至った経緯にもよりますが、日本では離婚して養育費の取り決めをした人たちのおよそ7割が養育費を受け取れず(支払われず)、悩みを抱えていると言われています。

新型コロナウイルス禍の影響もあり、経済低迷のあおりを受けて、雇用先から急にリストラをされたり、自宅待機による減給など、シングルマザー&シングルファザーに重くのしかかる経済事情。せめて子どもだけでも人並みの生活をと思えばこそ、これまで以上に養育費は重要なファクターとなりつつあります。

 

続きを読む

再婚して養子縁組をしたら養育費返還請求をおこされた

離婚する際の養育費についての話し合いの席で『どんな理由があっても養育費の減額および増額もしない』という条件で離婚に応じ、その内容を含めた離婚協議書を作成したのち、公正証書を作成しました。

しかし、私が再婚したことで子どもが養子縁組を結んだことを知った元夫は、約束を反故し、養育費返還請求をおこしてきたのです。

 

続きを読む

養育費にまつわる相談と回答

「離婚が決まったら、とにかく早く縁を切りたい。」

そんな思いが冷静な判断を鈍らせ、本来必要な手続きをおざなりにしたり、相手に任せたりよく考えずに返答をするなどしてしまいがちです。特に揉める原因にもなる養育費や慰謝料、財産分与などの金銭問題は時間が掛かってしまうことを懸念して相手のいいなりになって後日後悔することもしばしば…。

離婚が成立した後、「今更だけれど…」と相談の声が上がりやすい案件を少し紹介しますね。

続きを読む

子どもに会う「面会交流」と「養育費」の関係性

子どもを持つ夫婦が離婚によって直面するのが『子どもとの交流』です。

夫婦どちらかが不貞を行い、DNAの観点から血のつながりが認められない場合など、状況によっては離婚後の生活において子どもとの交流を求めないケースもありますが、実は離婚後も子どもと定期的に会えるか会えないかが、養育費の継続率に大きくかかわってくることをご存じですか?

続きを読む

親権は「とりあえず」で適当に決めてはならない

子どもがいる夫婦が離婚する場合、どちらが子どもの親権者になるのかをきちんと決めなければ、離婚届けは受理されません。

もちろん子どもが複数いる場合は、子ども一人一人に親権者を決める必要があります。

しかし離婚理由によっては、

  • 別の人と新生活をするために子どもを引き取りたくない
  • 妻の不貞の子どもなので引き取りたくない
  • 夫・妻に顔が似ている子どもを引き取りたくない

など、子どもを引き取ることを躊躇するケースもあります。

続きを読む

離婚手続きばかりを先行すると損をする?

「もう別れたい!」

「顔も見たくない!」

「話をするのもイヤ!」

「同じ空気を吸うのさえイヤ!」

離婚したいと思ったら、身も心も環境も何もかも早々に別離したいと思う人も少なくありません。

しかし、いざ『離婚』となると、それは結婚をすることよりも問題が複雑です。
婚姻を結んだことにより、双方に義理の家族が生まれる。義理の両親だけではなく、親族に至るすべてを巻き込んだ問題に発展しかねません。

離婚を決意した当人同士が納得していればよいと思いがちですが、身内の同意が得られず話し合いが進展しなかったり、離婚そのものを見直すように問い詰められたり…。

続きを読む

元妻の再婚と養育費について

夫婦が離婚をする時、未成年の子どもがいる場合、親権者をどちらにするか決めなくてはいけません。
その際、親権者として子どもの世話育児をしない側の親は、お金で養育に参加する義務があります。

養育費は子どもが成人するまでの期間支払い続けなくてはいけませんが、長居年月の間に双方が再婚に至るケースも少なくありません。

では再婚することで減額、もしくは免除になる可能性についてまとめて行きたいと思います。

続きを読む